hiki-memo

映画・本・漫画・音楽・Live・アニメに旅行など、無駄使いの個人的なメモです。

関東遠征③: ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサート@パシフィコ横浜

大洗で聖地巡礼して、

東京で文房具買ってストレス発散して、

今回の遠征の主目的である、 ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサートに。

f:id:hiki0205:20170717232747j:plainf:id:hiki0205:20170717232759j:plainf:id:hiki0205:20170717233719j:plain

 

着いたときには物販はSOLD OUTだらけだったけど、元々パンフレットくらいしか買うつもり無かったのでまぁよし。でもフェイスタオルくらい買っても良かったかも。CD物販もクリアファイルついてるし悩んだけどクリアファイルは山ほど持ってるし大人しくAmazonあたりで買うことにして買わず。

あとONKYOがポータブルハイレゾオーディオ機器を展示してたので視聴したり。ヘッドフォンがいいのもあっていい音だけどお値段もまぁ良いお値段。SDに劇場版サントラかなんかのハイレゾデータも入ってるとのこと。裏面にガルパンの刻印とカバーまで。ガルパンおじさん狙い撃ちである。

でも物販売り切れてるような時間だったからか、ほぼ並んだりせずに物販でパンフレット確保出来た。人多いようでさばくのが早いのか転売しづらいとかで変なのがいないからなのか。どちらにしても余計な時間使わなくてすむので嬉しい。

f:id:hiki0205:20170717233638j:plainf:id:hiki0205:20170717233700j:plain

席はわりと後方だけどまぁオーケストラだし最前が欲しいとかでもないのでよし。隣が空席だったので快適といえば快適だった。

ところでシネマティック・コンサートって何って直前まで自分でも把握してなかったけど、「劇場版の映像に合わせ、オーケストラが生演奏でお届けするシネマティック・コンサート」というもの。ステージ前方にオーケストラの1団がいて、後方のスクリーンにガルパン劇場場本編を流すという格好。

OPはchouchoさんの生歌から始まり、本編もBGMはOFFでセリフと効果音は流れてる中で、主要なBGMをオーケストラの生演奏で、というなんとも贅沢な映画鑑賞。

chouchoさん無事退院・復帰できて良かった。

何度も観たガルパンだけど、塚口とかの重低音ではどうしても砲撃音が強化されるのに比べてそれらが抑えめで、BGMがオーケストラの迫力で迫ってきつつセリフとかを殺さないという素晴らしいバランスで、圧倒された。BGMもところどころ映画内のままではなくて、今回用と思われるアレンジも入っていて。しかもカンテレも生演奏。初めて生で聴いた、カンテレ。近くで見たかったなー。

TVシリーズのオーケストラ・コンサートの時は、小さめの画面に要所要所の場面写しつつみほ役の渕上舞さんがナレーション挟む格好だったけど、それならいっそ全編流してしまおう!みたいなことだったのかな。間を完全に映像側にあわせなきゃなのでよりハードルはあがったはずだけどよくやってくれたもの。

そして最後はChouChoさんがまた登壇し『劇場版』主題歌「piece of youth」と、テレビシリーズ主題歌「DreamRiser」を。で、これで終わったかと思いきや、佐咲紗花さんが登場。まぁシークレットゲストで来そうな気はしてた。でも想像以上だったのが、最終章の第1話~第3話が佐咲紗花さん、4~6話はChouChoさんが主題歌を担当するという情報に加えて、その最終章1~3話の主題歌「Grand symphony」を佐咲紗花さんが歌ってくれたこと!これがまた熱くて期待感を煽る曲で素晴らしかった。というか最終章への期待感煽り過ぎで心配になるレベル。この曲は買うわ。と、そんなこんなで最後まで楽しませてくれて幸せな3時間だった。

帰りにはこの公演のCD・Blu-ray化のちらしを受け取って、ああ買うなーこれと思いながら帰路へ。大宮は取れなかったけどパシフィコ横浜には来れてよかった。最終章も楽しみ。

f:id:hiki0205:20170718000626j:plainf:id:hiki0205:20170718000632j:plainf:id:hiki0205:20170718000641j:plain