hiki-memo

映画・本・漫画・音楽・Live・アニメに旅行など、無駄使いの個人的なメモです。

福岡遠征②:Kalafina “9+ONE” @アルモニーサンク北九州 ソレイユホール

かなり間が空いたけど9+ONE千秋楽のメモを。

博多でちょろっとうろうろした後、

福岡遠征の主目的のKalafina “9+ONE”@アルモニーサンク北九州 ソレイユホールへ。

小倉自体は以前に博多でLiveあった時についでに来たことがあって、その時にマチアソビカフェには寄ったので今回はスルー。でも、kalafinaのコメント・サイン入りのお皿だけは拝む。

f:id:hiki0205:20170717133023j:plainf:id:hiki0205:20170717133051j:plain

f:id:hiki0205:20170717133028j:plainf:id:hiki0205:20170717133026j:plain

f:id:hiki0205:20170717133030j:plain

 

 

2014年は個人的には初めてYKLを観にいってKalafinaのLiveに行き始めて、という年だったのだけどまだイベントまでは気にしていなかったので、こういうのは全然知らず・・・。

f:id:hiki0205:20170717134315j:plain

Fate/SN Heaven's Feel楽しみ。

その後、アルモニーサンク北九州 ソレイユホールへバスで。10分ほどだったか。スマホググるとバス停や時刻表はもちろんのことリアルタイムのバス運行情報とかすぐ出てきて便利だった。福岡、バスすごいよね。

 で、着いてとりあえず物販へ。ポップコーン確保。

f:id:hiki0205:20170717134550j:plainf:id:hiki0205:20170717134602j:plain

f:id:hiki0205:20170717134559j:plain

今回はtwitterで見かけたフラスタ企画に参加させて頂いていたので、合流させて頂いてメッセージかきかき。富山公演で見たひーくら会からのフラスタにいたく感動したので、福岡では参加できてよかった。何もしてないけど。素晴らしいフラワースタンド&メッセージ帳ありがとうございました。

f:id:hiki0205:20170717134723j:plain

 

そして、kalafina 9+ONE千秋楽北九州公演。

北海道、大阪×2、富山公演と参加したけど、さすが千秋楽&凱旋公演、熱かった。それでいて暖かった。

MCでは、うどんの話を結構ひっぱってた印象。ウエストに資さんうどん。次回福岡遠征時はうどん食べる。そして、毎回どきどきするhikaruのobliviousへのつなぎのトークもうどんんである。最後まで強引でわかっててもはらはらさせるw

そして千秋楽まで来て演出にも変化が。Magiaだったと思うけど、今までスクリーンしか見えなかったのが、スクリーンの後ろのhikaruさんの更に後ろから赤いライトが照らされてhikaruさんの姿がはっきりと。中々良い変化だった。やっぱり本人たちが見たいという声が多くてそれが演出にも反映されたのだろうか。

恒例のhikaruさんのグッズMCは、プロデュースグッズ。今回は福岡公演ということもあったか、wakanaさんのグッズの話だったり。

そして一番千秋楽らしかったのは、ラスト2曲。

一つは、新曲の「百火撩乱」。まだフル番も公開されてない中での披露だったので、テンション上がる上がる。思ったより和な感じのイントロからスタートするこの曲、中々格好いい。CD発売&もっかい生で聞ける機会が待ち遠しい。

そしてラストは一曲目にも歌った「五月雨が過ぎた頃に」。まさかの2回目である。みんなで手を振りながらラララするのがこんなに楽しいとは。FCイベントでしか歌ったこと無かった曲をもう一度とこの曲への思いを語ったのはkeikoさんだったかな。ちょっとずつここだけの事というのがはいってくる千秋楽は東京公演が多くて中々参加出来なかったのだけど、今回参加できてよかった。Live後にはフラスタ企画参加メンバーのオフにも参加させて頂き楽しい福岡遠征となりました。

 

far onの頃から少しづつ変化しているkalafinaの演出も含め、これからも変化があるのかな、と思わせるの9+ONEツアーだったけど、やはりkalafinaのLiveは楽しいと思わせてくれるツアーでした。セトリもすごく好みなので映像化が楽しみ。

 

◎セットリスト
M-01. overture ~ 五月雨が過ぎた頃に
M-02. misterioso
M-03. Lacrimosa
M-04. 明日の景色
M-05. 光の旋律
M-06. 未来
M-07. oblivious
M-08. storia
M-09. 五月の魔法
M-10. consolation
M-11. to the beginning
M-12. 春を待つ
M-13. ring your bell
M-14. インストゥルメンタル(クビキリサイクル劇伴)
M-15. インストゥルメンタル(クビキリサイクル劇伴)
M-16. メルヒェン
M-17. Magia
M-18. Kyrie
M-19. heavenly blue
M-20. One Light
M-21. into the world
Encore
EC-01. 音楽
EC-02. blaze
EC-03. 百火撩乱
EC-04. 五月雨が過ぎた頃に